XLOOKUPが使えない場合の対処方法

Office365のExcelで、「XLOOKUP」が使えるようになりました。これは、エクセルで利用頻度が高い「VLOOKUP」と「HLOOKUP」の拡張版という位置付けになります。左方向への検索もできるようになったりして、かなり便利になっているのでぜひ使ってみていただければと思います。

今回は、その「XLOOKUP」が利用できない場合の対処方法についてです。

バージョンアップしてみる

まずはバージョンアップしてください。

1.[ファイル]-[アカウント]-[更新オプション]-[今すぐ更新]を選択します。

どうですか。利用できるようになりましたか。利用できない場合は次を確認してください。

更新プログラムチャネルを確認してみる

1.[ファイル]-[アカウント]-[Excelのバージョン情報]を確認します。

月次チャネル」となっている必要があります。

更新プログラムチャネルには以下のような役割があります。

更新プログラムチャネル 目的
月次チャネル 公開後、すぐに機能が提供される
半期チャネル 1月と7月に新機能が適用される、安定板
半期チャネル(対象指定) 半期チャネル前段の検証用

よって、「XLOOKUP」をこのタイミングで利用するには、月次チャネルとする必要があるのです。

チャネルを変更する

重要会社で利用している場合、システム管理者に確認のうえ実施してください。
メモレジストリを変更する方法、再インストールする方法がありますが、リスクを避けるため、再インストールの方法を紹介します。

1.OFFICEをアンインストールします。

2.Office展開ツールよりインストールします。

インストール方法の詳細は以下の記事をごらんください。

タイトルとURLをコピーしました