テレワーク環境を本格利用する際の再確認事項

コロナウイルスの拡散がとどまることを知りません。社員のテレワークを推奨し、実行する企業も増えてきました。

今回は、テレワーク環境の土台がある程度整っていることを前提に、本格利用する際に念のため再度確認しておいた方が良いと思われることを整理してみます。

テレワーク環境の前提条件

ファイアウォールなどのネットワーク機器と、PCにインストールしたクライアントソフトウェア間でVPN通信接続を確立してテレワークを実現するような環境を前提とします。

再確認事項

以下3点は必ず確認しておく必要があります。

プールIPアドレスが足りているか

NW機器がVPN接続を確立する際にクライアントへ払い出すIPアドレスのプール数には上限があると思います。その数が想定される最大数以上を許容できるか確認しておくと良いです。これが足りていないと、VPN接続できず、作業できないという社員が出てきてしまいます。

NW機器のリソースに問題はないか

NW機器が許容できるVPN接続の最大数を確認しておくとよいです。想定される接続最大数が許容数を超えているのであれば、リソース、スペック不足が懸念されます。CPUやメモリなどが枯渇し、業務に支障を来すような大きい障害になる前に確認しておきたいところです。

アカウントを作成し、適切なフィルタリングルールを適用しているか

テレワークを予定している社員のアカウントがそもそもNW機器へ存在しているか確認すると良いです。また、そのアカウントとパスワード情報を社員がしっかり把握しているかも事前に確認しておくと余分な問い合わせは減らせます。

そして、そのアカウントに、適切な通信のフィルタリングルールを適用しているかも再確認しておきたいものです。会社のPCを持ち帰って利用するのか、または家のPCからVPN接続するのか、それとも別のタブレットからの接続なのかはそれぞれですが、会社のリソースへ外部からアクセスさせることには変わりありません。万が一のことも想定し、適切で必要最低限な通信しか実施できないようにしておくのがセキュリティ上望ましいです。

できないものはできない

今回のコロナウイルスの対応で、社内SEのみなさまは、急で無茶な依頼を受けているのではないでしょうか。ただ、急ぎとはいえ、できることはできる。「できないことはできない」と冷静な判断と対応を行っていきたいものですね。

タイトルとURLをコピーしました