NASやファイルサーバのファイルが削除・編集できない場合の対処方法

NASやファイルサーバなどの不要なファイルを削除したいとき、またはファイル名を変更したい、ファイルを編集したいときに「ほかの人またはプログラムによって使用されています。」とエラー表示され削除や編集できないことがあります。ファイルを使用していないにも関わらずこのエラーが表示されることがあります。

今回はこのエラーを回避し、ファイルを削除/編集するための方法についてご紹介します。いろいろと試してみてダメだった場合の最終手段です。

発生事象

ファイルを削除/編集しようとすると、「ほかの人またはプログラムによって使用されています。」「ファイルが使用中です」などと表示される。

削除または編集しているファイルがたとえばOfficeのExcelだった場合、このファイルを開くと「~(ファイル名).xlsxは編集のためロックされています。使用者は’氏名’です。[読み取り専用]で開いてください。読み取り専用で開き、他の人がファイルの使用を終了したときに通知を受け取るには、[通知]をクリックします。」のようなメッセージが表示される。

後者のメッセージの場合、メッセージのなかの氏名をヒントに本当にファイルを開いているか確認することができる。今回の発生事象としては、誰もそのファイルを開いていないということを前提とする。

発生環境

  • NASなどのネットワーク上のファイルサーバ
  • ローカルパソコン
メモファイルをつかんでいるプロセスを探す方法や、%temp%のファイルを削除する方法など、ファイルが利用中で削除できない際の回避方法はたくさんあります。しかし、ここではそのあらゆる方法を試してみてダメだった場合の最後の頼みの綱という位置づけの方法をご紹介します。

対応内容

以下ツール【Wise Force Deleter】をインストールして利用するだけです。ファイル削除の最強ツールです。

重要ツールをインストールする必要があります。必要あれば管理者へご確認いただいたうえでご利用ください。

使い方は簡単です。インストール後、ツールを起動し、[ファイルの追加]-[ファイルを選択]-[ロック解除&削除]とするだけです。

タイトルとURLをコピーしました