Office365標準インストールからMicrosoftTeamsを除外したい

Office の標準インストールの対象に「Microsoft Teams」が含まれる動作に変更されました。

でも、いらないんです。使わないのです。PC起動毎にログインポップアップが出てきて困ってるんです。アンインストールしても、次にPC起動するときにはまたインストールされてしまうのです。どうすればよいのでしょうか。

そんな方へ対処方法をご紹介します。

改善したい事象

  1. 「Microsoft Teams」をアンインストールしたい、次回PC起動しても再インストールされないようにしたい
  2. そもそもOfficeインストールするときに「Microsoft Teams」をインストールしたくない

改善方法

まずは、改善したい事象1.についての改善方法です。2つあります。

どちらかを実施ください。

アンインストール

アプリケーションのアンインストール

[コントロールパネル]-[プログラムと機能]より、以下をアンインストールします。

  • Microsoft Teams
  • Teams Machine-Wide Installer

アプリケーションのアンインストール+レジストリキーの削除

[コントロールパネル]-[プログラムと機能]より、「Microsoft Teams」をアンインストールします。

以下ふたつのレジストリキーを削除します。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\TeamsMachineInstaller
  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\com.squirrel.Teams.Teams

Officeインストール時に「Microsoft Teams」をインストールしない

改善したい事象2.についての改善方法です。

Office展開ツールを利用する

「Office展開ツール」を利用することで、Officeインストール時に「Microsoft Teams」をインストールしないことが可能となります。

「Office展開ツール」は、Office に利用者独自の設定を行ったインストーラ パッケージを作成できるツールです。利用方法をご紹介します。

逆に言えば、標準のインストーラでは「Microsoft Teams」をインストールしないようにする方法はないということになります。

  • 以下より「Office展開ツール」をダウンロードします。

https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=49117

  • ダウンロードしたexeファイルを任意の場所に回答します。

以下ファイルが展開されます。

configuration-Office2019Enterprise(ボリューム ライセンスの Office 2019 用)​
configuration-Office365-x64.xml(64bit Office 用)​
configuration-Office365-x86.xml(32bit Office 用)​
setup.exe
  • 展開したXMLファイルを編集します。

編集についての詳細は後述します。

  • コマンドプロンプトで以下コマンドを実施します。

※setup.exeとxmlファイルがあるフォルダで実行していることを前提としてます。

setup /configure configuration-Office365-xYY.xml​
“YY” の部分はファイル名と同じ物 (64 か 86) に書き換えます

Office展開ツール XMLファイルの編集詳細

ここでは64bit Office用のxmlファイル、かつOffice365の契約プランはProPlusを例に編集内容をご紹介します。

[configuration-Office365-x64.xml]をエディタにて開きます。

初期状態は以下のようになっております。

<Configuration>

  <Add OfficeClientEdition="64" Channel="Monthly">
    <Product ID="O365ProPlusRetail">
      <Language ID="en-us" />
    </Product>
    <Product ID="VisioProRetail">
      <Language ID="en-us" />
    </Product>
  </Add>

  <!-- <Updates Enabled="TRUE" Channel="Monthly" /> -->
  <!-- <Display Level="None" AcceptEULA="TRUE" /> -->
  <!-- <Property Name="AUTOACTIVATE" Value="1" /> -->

</Configuration>

 

これを、以下のように編集します。

<Configuration>

  <Add OfficeClientEdition="64" Channel="Broad">
    <Product ID="O365ProPlusRetail">
      <Language ID="ja-jp" />
      <ExcludeApp ID="Teams" />
    </Product>
  </Add>

  <!-- <Updates Enabled="TRUE" Channel="Monthly" /> -->
  <!-- <Display Level="None" AcceptEULA="TRUE" /> -->
  <!-- <Property Name="AUTOACTIVATE" Value="1" /> -->

</Configuration>

変更箇所を説明します。

<Add OfficeClientEdition="64" Channel="Broad">

更新プログラムチャネルの指定部です。チャネルは以下の種類があります。

  • Monthly (月次チャネル)
  • Broad (半期チャネル)
  • Targeted (半期チャネル (対象指定))

詳細については以下をご覧ください。

 

<Product ID="O365ProPlusRetail">

Office365契約プランの指定部です。

プランがビジネスの場合は、「O365BusinessRetail」を指定します。

 

<Language ID="ja-jp" />

言語指定部です。これで日本語版となります。

 

<ExcludeApp ID="Teams" />

除外アプリケーションの指定部です。上記は「Microsoft Teams」をインストールアプリケーションから除外してます。

他には以下が指定できます。

  • <ExcludeApp ID=”Access” />​​
  • <ExcludeApp ID=”Excel” />​​
  • <ExcludeApp ID=”Groove” />​​
  • <ExcludeApp ID=”Lync” />​​
  • <ExcludeApp ID=”OneDrive” />​​
  • <ExcludeApp ID=”OneNote” />​​
  • <ExcludeApp ID=”Outlook” />​​
  • <ExcludeApp ID=ID=”PowerPoint” />​​
  • <ExcludeApp ID=ID=”Publisher” />​​
  • <ExcludeApp ID=ID=”Word” />​​

最後に

この方法でMicrosoft Teamsをアンインストール/インストールしなくなります。

記載した内容は、Microsoftへ問い合わせをして、いただいた回答を元に書いております。

ちなみに、わたしのOffice365の契約プランはBusinessです。

お気づきの方がいるかもしれません。「Microsoft Teams」は、Businessプランでは提供サービスに含まれておりません

にもかかわらず、標準インストールで勝手にインストールされ、「Microsoft Teams」のみをアンインストールしただけではPC起動時に何度も再インストールされて削除できない状態になってしまうのです。

非常にモヤモヤとした気持ちになっております。みなさまもお気をつけください。

タイトルとURLをコピーしました