Linuxのディレクトリ構造と役割を把握する

Linuxのディレクトリ構造は、FHS(Filesystem Hierarchy Standard)という規格によって標準化されております。ほとんどのディストリビューションでこの規格に準拠してます。

基本的なディレクトリを把握し、業務でどんなディストリビューションを利用することになっても臆することなく利用できるようにしておきたいものです。

注意完全にFHSに準拠しているわけではなく、ディストリビューションによっては少しの違いはあります

基本ディレクトリの概要

ディレクトリ 概要
/ ファイルシステムの最上位ディレクトリ
/bin 基本の実行ファイルやコマンド
/boot OS起動に必要なファイル
/dev 基本デバイスファイル
/etc システム設定ファイル
/home ユーザ毎のホームディレクトリ
/lib /binや/sbinにある実行ファイルの共有ライブラリ
/mnt ファイルシステムのマウントポイント
media CDやDVDのマウントポイント
/opt アプリケーションソフトウェアパッケージのインストール用
/proc カーネルやプロセスの情報
/root rootユーザのホームディレクトリ
/sbin システム管理者用の実行ファイルやコマンド
/srv システムによって提供されたサイト固有のデータ
/tmp 一時ファイル置き場
/usr ユーザに関連するプログラムやライブラリ
/var ログなどの可変ファイル
/run 実行時の可変データ

その他ディレクトリの概要

/etc

マシンに対してローカルな設定ファイル用に確保されていて、バイナリーはここに格納できません。

ディレクトリ 概要
/etc/opt /optのための設定ファイル

/usr

複数マシンで共有されるファイル用に使われます。

ディレクトリ 概要
/usr/bin バイナリー用
/usr/etc システム全体の設定ファイル用
/usr/include Cヘッダーファイル用
/usr/kerberos Kerberos関連のバイナリーとファイル用
/usr/lib シェルスクリプトやユーザに直接利用されるように設計されていないオブジェクトとファイルとライブラリ用
/usr/libexex 他のプログラムから呼び出される小さなヘルパープログラムが収納される。
/usr/sbin /sbinに属さないシステム管理バイナリーを格納
/usr/share アーキテクチャーに固有ではないファイルを格納
/usr/src ソースコードを格納

/var

スプールディレクトリおよびファイル、ログデータ、一過性、一時ファイルを含む可変データ用ディレクトリ用として使われます。

ディレクトリ 概要
/var/cache アプリケーションのキャッシュデータ
/var/lib プログラムの実行などによる状態情報
/var/lock 使用中リソースを保持するファイル
/var/log 各種ログファイル
/var/mail ユーザのメールボックス
/var/run 最近のブート以降の動作システムに関する情報
/var/spool 処理待ち状態タスクのスプール
/var/tmp 一時ファイル置き場、リブートしても失われない

 

タイトルとURLをコピーしました